派遣から契約社員に雇用形態を変える時には注意点がいくつかあります。その注意点についていくつか説明します。

派遣社員のメリットとデメリット

派遣社員のメリットとデメリット

派遣から契約社員になる時の注意点とは

派遣社員のメリットとデメリット
派遣社員から契約社員に雇用形態が変わる際には注意すべき点がいくつかあります。まず、派遣社員とは派遣元から勤務先である派遣先へ出向して勤務する雇用形態です。お給料を頂くのは派遣元からですが、お仕事を請け負うのは派遣先となります。給与面や雇用面の問題については派遣元に問い合わせて、お仕事についての問題については派遣先に問い合わせる形です。

派遣元から契約先に契約社員として雇用する雇用形態に変更される派遣会社がいくつかあります。派遣元から派遣先に契約社員となる時には社会保険について注意が必要です。今までは派遣元での社会保険に加入していたとしても、派遣先で契約社員となる時点で派遣元の社会保険は利用できなくなります。派遣先に社会保険に加入できる制度があるかどうかの確認が必要です。それから派遣元から派遣先に契約社員となることで有給休暇についても違いが出てきます。事前に雇用形態が変更される時には派遣元の有給休暇はどのように消化されるのか確認が必要です。

Copyright (C)2019派遣社員のメリットとデメリット.All rights reserved.